LINEブロックを解除する占い師とは..?[詳細ページへ]

Twitter(X)で画像検索をする方法は?不具合が起きている時の対処法も解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

Twitterの画像検索について基本から応用(条件指定あり)まで紹介します!

また、バグに遭遇した時の対処法も解説していくので、参考にしてみてください。

この記事で説明していること
  • Twitter画像検索のやり方(基本編/応用編)
  • Twitter画像検索で不具合が起きている時の対処法
目次

Twitter(ツイッター)で画像検索をする方法【基本編】

まずはTwitterで写真だけを検索したり、画像ツイートのみを表示するための、基本的な操作方法です。

スマホアプリの場合(iPhone/Android)

Twitterのアプリの場合は、まず検索ボックスに調べたいキーワードを入力して検索します。

スマホ版Twitterでの画像検索

その後、上部のタブで「画像」に切り替えれば、画像を含むツイートのみが一覧表示されます。

PCの場合

PCでもスマホアプリ同様に、検索ボックスに調べたいキーワードを入力して検索し、上部のタブから「画像」に切り替えます。

PC版Twitterでの画像検索

Twitterで画像検索をする方法【応用編:コマンド/ツール利用】

次に細かな条件指定をしてよりピンポイントで検索する方法を紹介します。

  • 日付を指定して検索する
  • ユーザー(アカウント)を指定して検索する
  • TwiGaTenで類似画像を検索する➡︎サービス終了
  • Twitisで画像一覧を表示する➡︎サービス終了
  • 画像から名前を検索する(Google Chromeのみ)

日付を指定して検索する

※ブラウザ版Twitterから『高度な検索』を使っても同じように検索できます。

「since」で指定日以降の検索ができる

検索ボックスに「検索したいキーワード since:2023-07-01」と入力して検索し、「画像」タブに切り替えると、2023年7月1日以降での画像ツイートが表示されます。

日付を指定した画像検索が可能

「until」で指定日以前の検索ができる

検索ボックスに「検索したいキーワード until:2023-07-01」と入力して検索し、「画像」タブに切り替えると、2023年7月1日以前での画像ツイートが表示されます。

「since・until」で指定した期間の検索ができる

検索ボックスに「検索したいキーワード since:2023-07-01 until:2023-07-31」と入力して検索し、「画像」タブに切り替えると、2023年7月1日~2023年7月31日の期間内での画像ツイートが表示されます。

ユーザー(アカウント)を指定して検索する

検索ボックスに「検索したいキーワード from:@ユーザー名」と入力して検索し、「画像」タブに切り替えると、対象ユーザーが投稿した画像ツイートが表示されます。

ユーザーを指定した画像検索が可能

TwiGaTenで類似画像を検索する

残念ながら、APIのバージョンアップに伴いサービスが終了してしまったようです。

【サービス終了】TwiGaTen
https://twigaten.204504byse.info/

Twitisで画像一覧を表示する

こちらも、APIのバージョンアップや有償化に伴いサービス終了とのことでした。

【サービス終了】Twitis(ツイティス)
https://twitter.com/Twitis_me/status/1642367380637777921

画像から名前を検索する

対象ブラウザは「Google Chrome」だけに限定されますが、Google画像検索を使用することで簡単に類似画像を検索できます。

Google ChromeでTwitterを閲覧し、画像の上で右クリック→「Googleで画像を検索」を選択すれば、類似画像の検索結果を一覧表示してくれます。

Chromeを使えばTwitter上で類似画像検索ができる

【2023最新】Twitter画像検索の結果がおかしい・不具合時の対処法

Twitterの画像検索は便利ですが、バージョンアップや不具合などが原因で急に使えなくなることもあります。

そんな事態に備えて、「画像タブ」に切り替えて検索する以外の方法をご説明したいと思います。

filter:imagesで検索する

画像検索の際にもコマンドを利用することが可能です。

コマンドを使った画像検索も可能

コマンドは組みわせることができるため、期間指定+ユーザー指定+画像検索を一度の操作で表示することもできて非常に便利です。

コマンドは複数条件を組み合わせることが可能

TweetDeckを使用する

Twitterの公式クライアントである「TweetDeck」と使えば、予約投稿ができたり表示レイアウトをカスタマイズできたりと便利ですが、それ以外にもTwitter本体で不具合が発生していても問題なく閲覧できるケースがあります。

それを利用し、Twitterの画像検索の挙動がおかしい時はTweetDeckで確認するのもアリでしょう。

以前は無償提供されていたTweetDeckですが、2023/8/16現在では有償化されたことを確認しています。
TweetDeckを利用する場合には、有料サブスクリプションである「Twitter Blue」への加入が必要となるためご注意ください。

カレにLINEブロックされて悩んでいるあなたへ

この記事をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次