LINEブロックを解除する占い師とは..?[詳細ページへ]

インスタをストーリーサーバーネットで見たらバレない!使い方や見れないケースも解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
愛理

好きぴのインスタ発見♡見ちゃおう♪
だけど見たことがバレるのは恥ずかしいー!

SNS案内人

大丈夫!
ストーリーサーバーネットを使えばバレずに見れるよ!

ストーリーサーバーネット(StorySaver.net)とは、インスタ(Instagram)のストーリーやハイライトを足跡(閲覧履歴)を残さず見ることができるサイトです。

つまり、ストーリーサーバーネットを使えば投稿者にバレることなく、ストーリーやハイライトをチェックできます。

また、インスタのアカウントが無くても使用可能!

おまけにストーリーの保存も出来ちゃうという、嬉しい機能がいっぱいです!

今回は

  • 気になる人のストーリーをこっそり見たい
  • インスタアカウントを持っていないけど見たいストーリーがある
  • お気に入りのストーリーを保存したい

そんな方に向けて、ストーリーサーバーネットの使い方や、利用の注意点について書いています。

SNS案内人

使い方を知って、もっとインスタを楽しもう!

目次

ストーリーサーバーネットの使い方

愛理

好きぴのストーリーを見たら、良い写真見つけちゃった♡
保存できたら良いのにな~!

SNS案内人

ストーリーサーバーネットは見るだけではなく、
ストーリーの保存もできちゃうよ!

通常であれば、インスタのストーリーやハイライトを見るためにはインスタアカウントの登録が必要です。

そして、ログインをして誰かのストーリーを見ると投稿者の『閲覧者リスト』にあなたの名前が表示されます。

つまり、インスタ公式アプリやサイトを使うと、ストーリーを見たことが相手にバレてしまうんです。

それをバレずにチェックできるのがストーリーサーバーネットのメリット!

また、投稿から24時間で消えてしまうストーリーも保存できちゃうのでおすすめです。

SNS案内人

ストーリーサーバーネットの使い方をまとめたのでマスターしよう!

インスタのストーリーに足跡付けずに見る

ストーリーサーバーネットのページから見たい相手のストーリーを簡単に見ることができます

STEP
ストーリーサーバーネットにアクセスする

Googleやその他の検索エンジンを使って『ストーリーサーバーネット(StorySaver.net)』を検索します。

ストーリーサーバーネット使い方①
STEP
見たいアカウントを検索する

ストーリーサーバーネットのページを開きましょう。

ストーリーサーバーネット使い方②
↑ストーリーサーバーネットを開いたらこの画面が出てきます

下にスクロールすると、検索画面が出てきます。

ここに見たい相手のインスタIDを入れましょう。

ストーリーサーバーネット使い方③
↑赤枠の部分にIDを入力します

『Download!』のボタンをタップします。

ストーリーサーバーネット使い方③
↑赤枠のボタンをタップします

『私はロボットではありません』という項目が表示されるので、チェックを入れましょう。

ストーリーサーバーネット使い方④
↑赤枠をタップしてチェックを入れましょう

画面が自然に切り替わります。

ストーリーサーーネット使い方⑤
↑このまま待ちます

検索したアカウントのアイコンが、ストーリーサーバーネット上に表示されます。

ストーリーサーバーネット使い方⑥
↑インスタと同じアイコンが表示されます

画面を下にスクロールすると、ストーリー一覧が出てきます。

STEP
閲覧する

見たいストーリーの画面をタップすれば、再生または表示されます。

ストーリーサーバーネット使い方⑧
↑赤枠の部分をタップしましょう

この方法で見るとログイン不要なので、閲覧したことがバレる心配は一切ありません!

また、同様にハイライトの閲覧も可能です。

ハイライトの閲覧方法の詳細はこちら
STEP
ストーリーネットサーバー上にハイライトを表示させる

ストーリー一覧から画面を下にスクロールすると、『Highlight stories(Archive)』が出てきます。

その『Show #hightlights』ボタンをタップしましょう。

ストーリーサーバーネット使い方⑨
↑赤枠の部分をタップ

ハイライト一覧が出てきます。

STEP
見たいハイライトを選択する

見たいハイライトの「Show Hightlights」をタップします。

ストーリーサーバーネット使い方⑩
↑赤枠の部分をタップします

複数にストーリーがまとめられたハイライトの場合、1つずつ表示されます。

STEP
閲覧する

見たいハイライトをタップすると閲覧できます。

ストーリーサーバーネット使い方⑪
↑赤枠の部分をタップすると表示されます

ここで注意したいのが、まとめられたハイライトを見る際の手間です。

愛理

あれ?ハイライトは通しで見れないの?

SNS案内人

そう。
ストーリーサーバーネットだと、
複数のストーリーをまとめたハイライトも
1つずつ開かないと閲覧できないんだ。

愛理

え~面倒じゃん!

SNS案内人

実は、投稿から24時間以上経過したハイライトなら、
公式のインスタアプリやサイトでも足跡を付けず見れるんだ!

愛理

そうなんだ!
じゃあハイライトはアプリで見ようっと♪

インスタのストーリーを保存する

インスタのストーリーをストーリーサーバーネットで保存するには、ダウンロードボタンを押せば簡単に保存できます

保存したいストーリーの『Save as Photo』もしくは『Save as Video』をタップしましょう。

ストーリーサーバーネット使い方⑫
↑画像の場合
ストーリーサーバーネット使い方⑬
↑動画の場合

おおもとのストーリーが画像の場合は画像で、動画の場合は動画で保存されます。

ストーリーサーバーネット使い方⑭
↑保存されました
(2024年6月 Android端末にて検証)

インスタのハイライトを保存する

ストーリーサーバーネットでハイライトを保存するには、

保存したいハイライトの『Save as Photo』もしくは『Save as Video』をタップしましょう。

ストーリーサーバーネット使い方⑮
↑画像の場合
ストーリーサーバーネット使い方⑯
↑動画の場合

これで保存完了です。

画像、動画でそれぞれ保存できます。

ストーリーサーバーネットで見れないケース

愛理

元彼が最近どうしているか気になるなー。
ストーリーサーバーネットでバレずに見れるかな?

SNS案内人

ストーリーサーバーネットでも見れるものと、
見れないものがあるんだ!

それぞれのケースを説明するよ!

相手にブロックされた場合でも、ストーリーサーバーネットを使えばストーリーを見ることができます

しかし、残念ながらストーリーサーバーネットを使って見れないケースが2つあります。

ストーリーサーバーネットで見れないケース
  • 見たいアカウントが鍵アカウント(鍵垢)の時
  • ストーリーに公開制限がかかっている時

相手が鍵垢の場合は、ストーリーサーバーネットを使っても見ることはできません

自分のアカウントからフォロー申請をして見るしか無いです。

親しい友だちだけに限定公開されている場合も同様に、Story Saver netでは見ることができません

SNS案内人

どうしてもバレずに見たい場合は、
見たい相手と繋がっている知人に見せてもらう手もあるよ!

ストーリーサーバーネットに関するQ&A

ストーリーサーバーネットで鍵垢のストーリーは見れる?

見れません。

自分がフォロー申請をしている鍵垢アカウントも、ストーリーサーバーネットでは閲覧不可です。

ストーリーサーバーネットの危険性は?なぜ無料?

乗っ取りや情報流出があったケースは現時点ではありません。

ただし、掲載されている広告には注意しましょう。

ストーリーサーバーネットを無料で使えるのは広告のおかげです。

しかし、ストーリーサーバーネットと広告は直接関係ありません。

危険なものが潜んでいる可能性もあるので注意が必要です。

ストーリーサーバーネットは英語版しかないの?

日本語版のストーリーサーバーネットはありません。

しかし、Googleの翻訳機能を使えば日本語表示ができます。

Androidでの翻訳方法のまとめはこちら
STEP
ブラウザのメニューを開く

Android版は画面右上をタップします

ストリートサーバーネット翻訳①
↑赤枠の部分をタップします
STEP
翻訳を選択

メニューから『翻訳』をタップします。

ストリートサーバーネット翻訳②
↑赤枠の『翻訳』を選択します
STEP
希望する言語を選択

日本語を選択しましょう。

これでストーリーサーバーネットのページが日本語で表示されます。

ストリートサーバーネット翻訳③
↑『日本語』を選択しましょう
(2024.6月 Android端末にて検証)

まとめ

以上がストーリーサーバーネットの使い方です。

相手が鍵垢のケースや親しい友達公開に設定しているストーリーは見れませんが、

それ以外は足跡をつけずに見れて保存もできて魅力的ですよね。

インスタのアカウントが無くても使えるので、今までインスタを使ったことが無かった方も、

まずはストーリーサーバーネットから使ってみるのも良いのではないでしょうか?

カレにLINEブロックされて悩んでいるあなたへ

この記事をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次